Le Col | Lion of Flanders 2022 – Le Col
Image description

泥にまみれ、石畳で傷つきながらも、常に前進し続ける。春のクラシックを制するには、多くの試練が必要です。

Image description
Image description
Image description

フランダースのライオン

ヨハン・ムセウからの言葉

 

フランダースでは、自転車の存在感が圧倒的です。パン屋に行けばサイクリングの話題で持ちきりです。アルデンヌ、コッペンベルク、パーターベルク、あるいはフランダースの他の道など、どこに行ってもライダーを見かけます。みんな自転車と一体化しているので、他の国の人たちに説明するのは難しいですね。サイクリングは私たちの生活の一部なのです。

フランダース出身でない人に説明するのは難しいのですが、2、3日、あるいは数週間滞在すればお分かりになると思います。クラシックの期間中、ライダーがいたるところにいて、フランダースの本当の姿を知ることができます。ヴァン・スティーンベルゲン、ブリーク・ショッテ、エディ・メルクス......多くのチャンピオンがいます。

そして、フランダースでは、子供たちはサイクリングが大好きで、親たちは子供たちをサイクリストにしたいと思っています。それがフランダースであり、サイクリングであり、歴史であり、でもそれを知るにはここに来なければなりません。その歴史の一部になることは、そうですね、特別なことです。でもキャリアを積んで、もうライダーではなくなってから、自分が何をしたのかに気づくものなんです。

Image description
Image description
Image description

 

「特に、ルーベでは雨の中、フランダースでは先頭集団からの離脱に伴う長いレースと、それぞれ違った方法で勝利を手にしましたが、それはサイクリングの歴史の一部になりました。特にルーベでは滑りやすいぬかるみだったのもあって、歴史を作ることとなりました。2002年のパリ〜ルーベでの勝利は新しいジャージに刻まれましたし、その他の勝利も含めて、僕はこのスポーツの歴史の一部だと言えると思います。

ルーベの勝利は、本当に特別なものでした。フランダースだけでなく、パリ〜ルーベのようなレースは特別なんです」

フランダースでは、フランダースルート以外の道を通ったとしても美しいのです。強いて言えば、古いクワレモン、パーターベルク、コルテケールが好きです。なぜ坂道が他より好きなのかはわからりませんが。あそこのレースでは勝てませんでしたが、やっぱりこの坂は好きなんです。

ライダーにとって、それは特別なことなのです。登り切った後、ここはなんて美しい丘なんだろうと実感することができます。コルテケールを登るたびに、雨が降っていてもなんて美しい国なんだろうと思うんです。フランダース地方のどこでもご一緒できますし、僕の大好きな道もお見せできますが、お気に入りの道はたくさんあるので、2、3日はここにいてもらわないといけません。

 

サイクリングをしていた頃は、トレーニングに手を抜いたことはありませんでした。今は違いますね。今は、2、3時間で休憩して、コーヒーを飲んだり、可能ならビールを飲みたいですね。トレーニングの後にビールを飲むのも良いのですが、フランダースのアルデンヌ地方にはバーやカフェがたくさんあります。特別なコーヒーを作ってくれるカフェがたくさんあるんです。昔はいつも「コーヒー」だけでしたが、今は「カプチーノ」などもあります。

サイクリストはコーヒーが好きなので、おいしいコーヒーが飲めるところに立ち寄ります。ロンド・ヴァン・ヴェアンデレンシュタットという特別な道でいつも休憩したいと思うんです。ここの真ん中にある古いカフェから、この道の最初から最後までを見渡すことができるんです。きれいで、古くて、とてもおいしいビールとコーヒーが飲めるんです。

そうですね......なぜ自分が優位に立っていたのか、そういうことを言うのは難しいですね。でも、何年かすると、もっとチャンスがあるんじゃないかと思うようになるんです。長距離レースやフランダースやルーベのようなハードなレースでは、こういうレースのためのトレーニングプログラムを作成します。私の世代は、毎日6〜7時間走らなければと思っていました。今は、まったく違いますね。今はパワーメーターを使ってトレーニングしますし、すべてが新しくなっています。何が良いのか、もっと研究されていくはずです。

今、彼らはジュニアでも、パリ・ルーベの勝者か、ツール・ド・フランスの勝者になれるのか、もしくはクライマーになれるのか、それともスプリンターになれるのかを知っています。僕はどちらかというとクラシックなタイプの選手で、最初より5時間後の方が良かったので、長距離が向いていたということです。トム・ボーネンのように筋肉が多いので、彼も同じタイプですし、カンチェラーラもそうです。僕らは石畳が得意なライダーでした。僕は今でも石畳が好きだし、悪天候も好きだから、完璧なフランダースだったんです。

Image description
Image description
Image description

 

「僕の世代には優秀で有名なライダーがたくさんいて、多くのライダーについて話すことができますが、今はアンドレイ・チミルのことを話さなければなりません。彼はタフでハードなライダーで、ロシア人だったので他の連中よりも少し特別な存在だったんです。彼は先頭集団の中にいて、僕はその後ろで彼を追いかけていました。数キロメートルの距離を、1時間近く5秒から8秒の差で追いかけていたのですが、彼に追いつくことができませんでした。追い抜くのは不可能だったんです。だから、誰かが「もうだめだ」と言わなければならなかったんです。その日、アンドレイ・チミルはパリ~ルーベで優勝しました。彼は今でこそ友人ですが、私のキャリアではライバルでした。彼はとてもタフでハードな男で、僕にとってもそして他のすべての人にとっても、アンドレイ・チミルは、サイクリングのために多くのことをやってきた人なのです」

「僕の頃はヘルメットをかぶる必要がない時代だったんです。

Image description
Image description
Image description

 

バカな話ですが、ヘルメットのない世代だったんです。ここ数年、サイクリングウェアや自転車に関する研究が盛んに行われています。レインジャケットもあるし、オーバーシューズやグローブもあるから、雨が降っていても何時間でも濡れずにいられます。私の世代では、そのようなことはありませんでした。だから、今は雨が降っていても外に出たほうがいいんです。ファッションとしてもね。今は、バイクにもっとファッション性を求めているんです。色彩はそれほどでもありませんが、もう少しファッション性が欲しいですね」

コッペンベルクの険しさ、石畳の走り方、パーターベルク、そして美しい道、美しい景色を見るために、みんなここに来なければならないのです。また、ライドの途中でバーでコーヒーを飲むのもいいものです。

数時間走った後、座って、その日の出来事やコッペンベルクをどれだけ速く登れたかについて語ることは素晴らしいことです。僕は今でもこの地域に住んでいて、一人でトレーニングをしていても、人と一緒にトレーニングをしていても、毎日この地域がいかに美しいかを話しています。実際ここに来て、どんなものか見てください、そしてテレビでライダーがどれだけ速く走るか見てみてください。コッペンベルクを登ってみて、ライダーがどれくらいのスピードで走るのかその目で見てみてください。違いがわかると思います。

 

バカな話ですが、ヘルメットのない世代だったんです。ここ数年、サイクリングウェアや自転車に関する研究が盛んに行われています。レインジャケットもあるし、オーバーシューズやグローブもあるから、雨が降っていても何時間でも濡れずにいられます。私の世代では、そのようなことはありませんでした。だから、今は雨が降っていても外に出たほうがいいんです。ファッションとしてもね。今は、バイクにもっとファッション性を求めているんです。色彩はそれほどでもありませんが、もう少しファッション性が欲しいですね」

コッペンベルクの険しさ、石畳の走り方、パーターベルク、そして美しい道、美しい景色を見るために、みんなここに来なければならないのです。また、ライドの途中でバーでコーヒーを飲むのもいいものです。

数時間走った後、座って、その日の出来事やコッペンベルクをどれだけ速く登れたかについて語ることは素晴らしいことです。僕は今でもこの地域に住んでいて、一人でトレーニングをしていても、人と一緒にトレーニングをしていても、毎日この地域がいかに美しいかを話しています。実際ここに来て、どんなものか見てください、そしてテレビでライダーがどれだけ速く走るか見てみてください。コッペンベルクを登ってみて、ライダーがどれくらいのスピードで走るのかその目で見てみてください。違いがわかると思います。