Le Col | Tour De Lunsar | Le Col Cycling
Image description

メンズレース

 

2021年、ルンサールサイクリングチームのソリエ・コロマが、安定した走りでLe Colのイエロージャージを獲得しました。しかし、今回は第1ステージの序盤でパンクというアクシデントに見舞われコロマの挑戦は阻まれたかのようでしたが、結果ルンサールで新たな王者が誕生することとなりました。

この不運について、また今後ステージ優勝を狙うかどうかという質問に対し、コロマは「いや、僕の関心はチームのことだ」と答えました。「ルンサールサイクリングチームの他の選手たちが総合で有利になるように手助けをするつもりだ」。

Image description

 

昨年は一貫性が鍵でしたが、今回は華やかさが勝敗を分けたと言えるでしょう。イブラヒム・S・ジャローはその典型で、彼の攻撃的な走りは強敵をも圧倒するものでした。

ジャローは、レース序盤から先頭集団から抜けた6人のブレイクアウェイに加わり、第1ステージでその強さを見せつけました。チームメイトのオスマン・T・カロコー(OTK)にLe Colのイエロージャージを奪われたものの、ジャローは非常に強い印象を残しました。

Image description

 

第2ステージでは、ジャローは再びペロトンから抜け出し、ルンサールで独走優勝を果たしました。ルンサールサイクリングではジャローの走りに敵わなかった対戦相手は、大きな時間を割くこととなりました。特にフレイムサイクリングチームのテネシー・ディクソンは、3日間のレースでジャローの最も近いライバルでした。

OTKは、再びリードをとりました。それは、2021年の象徴的な映像を思い出しながら、ジャージが彼の指の間をすり抜けていくようでした。

 

第3ステージでは、ジャローがレースリーダーとしての地位を固め、ステージ勝者だったモーゼス・L・カマラの後ろでゴールしました。カマラはLe Colのイエロージャージ獲得には程遠かったのですが、昨年のレースで勝利したような名勝負を演じました。この地元出身のヒーローは、素晴らしい映像とともに、ステージ優勝の人気を証明したのです。

ジャローはLe Colのイエロージャージをまとってラインを通過し、ゴールに近づくにつれ、勝利を味わう余裕がありました。 何年もの間、総合成績で悔しい思いをしてきたジャローは、ついに熱望していた勝利を手に入れ、歓喜にあふれていました。

Image description

 

レース後、「どうやって勝ったのか」と聞かれたジャローは、正直に、しかし見事に答えました。「第2ステージではGCで近くの選手から何度かアタックがあって、彼らの転がり方を見ていたんだ。でも、彼らの転がり方を見て、"いや、僕はやり切るんだ。これは僕のレースだ "と思ったんだ。」ジャローは正しかったのです、これが彼の勝利となったのです。

今大会の中級クラスもジャローが制し、総合優勝を狙ったジャローは、山岳賞と中間スプリント賞、Le Colの水玉と白のジャージも手に入れました。

しかしジャローにとって、少なくとも白ジャージの獲得においては、順風満帆ではありませんでした。テネシー・ディクソンは第2ステージを終えて白のジャージランキングをリードしていましたが、最終日はポイントを獲得できず、結果ジャローがLe Colのリーダージャージを独占し

まさにジャローの独壇場でとなりました。

Image description

ウィメンズレース

今年のLe Colのブルージャージ争いは、4日間を通して最も緊迫した、興味深いレースとなりました。ディフェンディングチャンピオンのイサタ・モンデがスタートを見送る中、ツール・ド・ルンサールの新女王が誕生することになったからです。

 

エリザベス・マンサライの序盤のとどまることを知らない走りで、しばらくは行列になるかと思われましたが、彼女の背後には、2度の準優勝者でチームメイトでもあるデボラ・コンテを含む強力な追走集団が控えていました。

コンテは後続を引き離しながら、疲弊したマンサライに接近し、単独でレースをリードしました。 ゴールラインが近づくと、コンテはチームメイトとの差を広げ、優勝候補の一角に躍り出ました。マンサライはコンテに何とか食らいつきましたが、ゴール前の2人のスプリント勝負では敵いませんでした。

この勝利は、コンテにとって何年もかけて得たものであり、マンサライが感じたであろう悔しさは、理解できたはずでした。しかし、コンテにとってはそれは些細なことで、ついにLe Colのブルージャージを手に入れたのでした。

Image description

ジュニアのレース

 

Le Colのグリーンジャージをめぐる競技は、他のレースと同様に魅力的なものでした。ディフェンディングチャンピオンのイブラヒム・カマラは、2022年のルンサールサイクリングAエリートチームにドラフトされた後、このレースで劇的な復帰を果たしたのです。

カマラは自分の強さを最高レベルで示したいと思っていましたが、叶わなかった失望感はさておき、2年連続でLe Colのグリーンジャージを獲得することを目指さなければなりませんでした。

しかし、カマラはマケニサイクリングチームのアルハッサン・マラーに終始翻弄され、一筋縄ではいきませんでした。マラーはレース中、ライバルの車輪に張り付き、好敵手の体力を奪おうとしていたのです。

ゴールが近づくと、2人のライダーは互いに競り合い、スプリント勝負となりました。最終的に、カマラはマラーを圧倒する速さを見せつけ、再びLe Colのグリーンジャージを手に入れ、2023年にはLe Colのイエローを目指すことを明言したのでした。

Image description

 

ゴールでのカマラの感情が爆発し、勝利への純粋な高揚感が、このレースの決定的なイメージのひとつとなりました。

最後になりましたが、Le Colは彼らの勝利を祝して、イブラハム・ S・ジャローとデボラ・コンテそれぞれに1年分のキットを提供する予定です。

Image description